JR新幹線を安全に走行させるために点検や診断を行う黄色い新幹線・ドクターイエローをご存知ですか? その走行の希少さから、見た人は幸福になるとも言われています。ここから着想を得て、コロナ禍でも劇団☆新感線を求めてくれるお客様へ笑顔を届けるべく、そしていつかこれまで通りの大規模な公演ができる日に向けて、まずは“Yellow 新感線”として走り出します。

お知らせ

ごあいさつ

いまだ人々の日常に脅威を与え続けているこのコロナ禍の中で、劇団☆新感線として公演を行うことはできるのか? できるとしたらどういうカタチなのか?

目の前に迫った公演は幸いにも延期して上演を決めることができ、また新しい形での試みの二人芝居・三人芝居に挑戦することも出来ました。春から、模索し自問自答を繰り返す中で出した答えは、「新感線の公演をヤル!」ということでした。

楽しくてスカッと元気になるのが新感線!!モヤモヤするこの世の中でも「密にならない、短い上演時間で、新感線らしい、お客様が楽しく元気になるモノ」を皆様へ贈りたい!!

コロナ禍においての、そのカタチを実現するために、“Yellow 新感線”としてまずは始動します!

舞台を上演するにあたり、劇場の予約は2年以上前から始まります。新感線も興行計画は2年先まではなんとなく決まっています。2021年春も劇団☆新感線の本公演として東京建物Brillia HALLをおさえていました。2020年の秋に引き続き、100名程のカンパニーで池袋で大暴れするはずでした。が、まだ密が過ぎる。舞台上も、楽屋内も、この状況のままで、いつもの大規模な新感線をヤルことはできないと判断しました。

しかし、一体いつまでこのまま、“デキない”を繰り返さないといけないのか?イベントの観客数制限も少しづつ緩和され、演劇の劇場もフルキャパシティの観客収容が許容されることになりました。しかしながら、いまだ確実な予防策と特効薬はなく、人々の心には不安があります。様々なイベントが配信で観られるようになりました。場所や時間を問わずとも画面で観られるのは新しいスタイルではありますが、やはり生の人間を目の当たりにするのとは違います。LIVE(演劇)はその空間でしか感じられない、限られた人数の観客がその場に居合わせることで共有できる、より深いものになっていくのではないかと確信します。

それを求める人々もいろいろな要素をふるいにかけながら、厳選して観劇に至ることになるのであろうと思います。新感線を求めてくれる方がいる限り、私達が新感線をヤル!意味はあります。そして、いつかこれまで通りの大規模な公演を皆様へお届けできる日に向けて、この先もしっかりと前を見据えて頑張りたいと思います。

今回も、楽しいメンバーが参加してくださいます。急遽演目を変更しての上演ですが、みなさん快く続投を決めてくださいました。

阿部サダヲさん、浜中文一さん、西野七瀬さん、木野花さん。そして劇団員の古田新太を始めとして、河野まさと、村木よし子、山本カナコ、中谷さとみ、保坂エマ、村木仁。そして、新感線クオリティを支えてくださるスタッフの皆様。 この“Yellow 新感線”のために、新しいカタチの新感線作品を、急遽、座付作家・中島かずきが書き下ろすことになりました。新感線らしく笑いあふれる作品にしたいという要望を具現化するため、かつて木野花さんが新感線で演じた爆発的なテンションの月影花之丞の再登場となりました。あて書きのスペシャリスト中島かずきの手によれば、強烈キャラが満載の笑いあふれる作品になること間違いなし!!

久しぶりの新感線の肌触りをしっかり感じていただけるように、カンパニー一同一岩となって作り上げますので、皆様方の応援をいただきますようにお願いいたします。

プロデューサー 柴原智子

キャスト&
スタッフ

コメント

皆様、お待たせしました。やっと新感線が舞台に帰って来ました。この時節なのでフルスペックというわけにはいきませんが、そこはHappy Yellow 新感線!と言うことで、あの月影先生こと木野花さんを迎えて、ドタバタ・パロディ満載の久々のおポンチ芝居になりそうです。ゲストには他に、“鳥髑髏”以来の阿部サダヲ君、ラストフラワーズ以来の古田との面白舞台での競演が大変楽しみですね。そして今回のフレッシュなゲストのお2人。”50Shades!”での切れ味の鋭い変態演技にド肝抜かされたジャニーズらしからぬジャニーズ、浜中文一君。そして正真正銘の元アイドル西野七瀬ちゃんが新感線舞台に初登場ということでカンパニーの平均年齢をグッと引き下げ、みずみずしさを引き上げてくれるでしょう。
【劇団☆新感線 主宰・演出】 
いのうえひでのり
8月初め、突然ヴィレッヂの細川会長から電話がかかってきた。来春の新感線公演を、予定していた規模から人数を縮小しての公演に変更したいから、知恵を貸してくれというのだ。条件は出演者10人前後、公演時間2時間以内。当初出演するはずだった古田、阿部、浜中、西野、木野の5人には継続して出演してもらう予定だという。
とにかく時間がない。「木野さんがいるのなら『月影花之丞』がいいんじゃないかな。あれだと劇中劇もあるから、雑多なアイデアもぶちこめるし」と考えて臨んだ打合せで、まずいのうえが「こんな時期だから楽しい芝居がいいな。『花の紅天狗』みたいな」と切り出した。まさにそれを俺も考えてたよと言うと、すかさず細川氏が「それはかずきさんが書くということだよね」。あっという間に月影花之丞第二弾に決まってしまった。しかも自分が書くことに。
とりあえずスケジュールをこじ開けて書き始めると、これがまあ驚いたことに月影花之丞は僕の両手にまだ生きていた。彼女の言動がするすると導かれるように出てくるのだ。あれよあれよと〆切前に脚本ができてしまった。
というわけで、頭のネジがはずれた人達が闇雲に猛烈な勢いで舞台に向かって駆けていく、トンチキで楽しい芝居になるはずです。ご期待下さい。
【作】 
中島かずき
まだまだコロナ禍も落ち着かない中で、この時期にお客さんが入るのか?ということと、木野さんの体調が心配です。
とはいえど、久しぶりの馬鹿芝居。一刻(一時)の憂さを晴らしに来てください。
おいらたちは、頑張ることしかできないので。
【主演】 
古田新太

公演情報

東京公演 2021年2月下旬~4月上旬 東京建物Brillia HALL 大阪公演 2021年4月中旬~5月上旬 オリックス劇場